2017/08/14

小型焼付乾燥機

 これ欲しいな。なんと99USD。安いっ!


 これ買って色々自家塗装したいです。




2017/08/12

嘘つきバイクショップ

 とあるバイク屋にクソ対応されました。ホントに胸クソ悪くて腹立ちました。

 バイク屋だけど本業の傍らにコストパフォーマンスが良いGUN-KOTE塗装サービスをしている所があると聞き、話を聞きにお店に行ってきました。


 店主曰く焼付乾燥機が小さいので、大きなパーツは出来ないかも知れないけどガンコート塗装作業はやってます。事前にパーツを持ってきてくれればパーツが焼付乾燥機に入るか確認出来ると仰っていたのでお店に持参して確認しました。

 ギリギリながらも焼付乾燥機に入ったのでオーダーする事に決めました。ガンコートしたいパーツが沢山有るけど対応して貰えるかと聞くと納期が貰えればもちろんOK、事前にサンドブラストやマスキングを自分でやってからパーツを持ち込んでくれればより価格を抑えられると仰っていたので、サンドブラストとマスキングは自分でやってから持ち込む事にしました。

 何度かサンドブラストをレンタルピットで自分でやってマスキングもして、先日ようやくパーツを持ち込んだところ、店主の顔色がどうもよろしくない。どうやら気が変わって作業やりたくない模様。えっ、何このお客さんに対する態度。話が違うじゃん・・・。

 店主曰くガンコートはすぐ錆びるらしい。(えーっと初めて聞きましたが、一応へー! 知らなかったー!っと驚いてみる)
 持ち込んだほとんどのパーツはアルミでまず材質として錆びないよね・・・。この時点でこの人何言ってんだろと怪しい雰囲気でした。

 店主曰くガンコートはすぐ剥げ落ちるらしい。(えーっとこれまた初めて聞きましたが、一応ほんとー! 知らなかったー!っと驚いてみる)
 店主曰くガンコートは耐油性が良いのでそういうパーツを塗装するべきだ。(えーっと持ち込んだのは、ブレーキパーツ一式ですけど)
 店主曰くガンコートは閉店後にやるから仕事が増える。(えーっとあんたの店の事情なんてカンケーないし。)
 店主曰くうちは塗装屋さんじゃあないから塗装専門店でやってもらったら?

・・・。
・・・。
・・・。

 もう会話になってません。

 そして最後に以前持ち込んで焼付乾燥機に入るかどうかを店主自身で確認したパーツを手に取り乾燥機に入り切らないようにわざと乾燥機にパーツをぶつけながらなんとか入れてみようと苦労しているフリをしてこう言いました。

 「このパーツ大きいね、あれ? あれ? 大きすぎて入らないね、残念でした。」

 流石にこのクソ小芝居には本当にキレそうになりました。ここまで来ると机を蹴飛ばして怒鳴りそうに危うくなりましたが大人なので止めました。

 バイク業界ってほんとクソ業者が多いなぁ。ここまで来たらGUN-KOTEを買って来て自家塗装しようと思います。
 GUN-KOTE 2400シリーズ サテンブラックを国内の代理店で購入すると500mlで5,000円です。アメリカのGUN-KOTEから直接購入するとパイント(473ml)で33USDであまり価格差が無く国内で購入しても良心的価格ですね。これは自分でやれるな。



2017/08/11

ko-ken スタッドボルト工具

 スタッドボルト用工具を購入しました。
 安価にアストロプロダクツにしようかなぁと悩みましたが、エンジン本体側に使用する工具はやはり安心な物が良いだろうと考え直しko-kenにしました。

 Koken 141P-8 ラチェットプラー 8mm

 ko-ken インパクトスタッドボルトセッター

 最後に購入価格です。いつものように価格調査したところ、KanamonoYaSan 楽天市場店が最もお手頃価格でした。

コーケン ko-ken 13103M-8(1.25) インパクトスタッドボルトセッター 1,156円
コーケン ko-ken 141P-8mm ラチェットプラー(ミリサイズ) 3,882円




SIGNET S Shape Ratcheting Wrench 347シリーズ

 今まで適当なレンチを使ってましたが、SIGNETで一新しました。

 スイベルするかしないか、ラチェットにするかしないか、ラチェットでもトルクが掛けられるか等々色々比較しましたが、用途と頻度を考慮した結果これが最適だと判断しました。


 まずは13mm、14mm、16mm、17mm、18mmを購入しました。8mmから24mmまであるので徐々に揃えたいなぁ。

 最後に購入価格です。いつものように価格調査したところ、KanamonoYaSan 楽天市場店が最もお手頃価格でした。

シグネット 34713 13MM スイベルギアレンチ 2,125円
シグネット 34714 14MM スイベルギアレンチ 2,267円
シグネット 34716 16MM スイベルギアレンチ 2,551円
シグネット 34717 17MM スイベルギアレンチ 2,692円
シグネット 34718 18MM スイベルギアレンチ 2,763円

小計 12,398円




2017/08/09

V-ROD フロントフォーク インナーチューブ WPC+DLC処理

 高額過ぎて腰が抜けそうですが念願を越えて悲願のインナーチューブ WPC+DLC処理をやりました。作業はエヌ・イーにお願いしました。


 納期は3週間との事でしたが、07/24に送付して08/07に仕上がりました。


 ガンメタリックではなくもっと黒くしたかったです。本当はソリッドなブラックにしたい位ですが、DLC加工は元素材の状態によって色具合が変わるので色調整は出来ないそうです。よって単純に何色にする程度しかリクエスト出来ないそうです。


 僕としては摺動性よりも腐食性の方が大事です。出来ることならばもう二度と錆びないで欲しいです。なにせΦ49mm × 635mmのフロントフォークなんて世界中探してもあまり在庫が残っていないからです。


 インナーチューブが切削加工された跡は無いので、恐らく今回は内部カラーは外さないで塗装している模様です。新品だったでしょうか。加工しないならそれに越した事は無いので良かったです。
 場合によってはインナーチューブを切削加工して樹脂カラーを取り出してから塗装するようです。
 送付前にインナーチューブ内の樹脂カラー取り外し方で色々苦労しましたが、エヌ・イーでは樹脂カラーの取り外しもやってくれるそうです。樹脂カラーの取り外し方法についてはこちらこちらが参考になります。


最後に価格ですが、エヌ・イーのホームページにも料金表が掲載されています。その作業工程と価格の影響だと思いますが後になってからキャンセル出来ないので、問い合わせすると料金表をちゃんと確かめて(=高額なのを覚悟してwww)からオーダーしてねと言われました。

フロントフォークインナーチューブ(Φ49mm × 635mm) 2本分 WPC+DLC処理 84,318円(税込)
小計 85,298円


2017/07/30

ヒートデーモン用 V-ROD 左スイッチボックス加工の続き 2

 あれから諦めずに未だにごにょごにょやっております。

 パテ埋めだけで成形するのは難しいので大きなところはアルミ板を切り抜いて貼る事にしました。アルミ板はいつもお世話になっている鉄工所の社長さんに頂きました。まずは頂いたアルミ板をやすり掛けしておきます。


 アルミ板を必要な形に切り出します。細かいパーツですが全部で4枚作りました。


 強力瞬間接着剤を使ってアルミ板をスイッチボックスに仮留めします。仮留めしたらパテ埋めします。

 パテがとても柔らかくて厚く盛れないのでパテ埋めを3回繰り返して希望の厚さまでパテ埋めを繰り返しました。その都度完全硬化まで待ちます。またパテが柔らかすぎて塗りにくいので、パテを練り合わせてから1時間位待って少し固まりかけてから作業した方がスムーズでした。


 パテ埋めした後にリューターでやすり掛けして綺麗に切削して完成です。


 ヒートデーモンのスイッチがばっちり入りました。



 横面・底面を若干広げています。


 後はサンドブラストしてガンコートしたら本当に完成です。




2017/07/28

V-ROD ホーン分解

 ホーンを替えたい方はご参考になるかと思い記事にします。


 内径は140mm位です。


 横から見ると結構はみ出ています。


 純正ホーンはRoots Industries製Windtoneです。





2017/07/27

バイクに名前が書いてあった!

 スプロケットカバーを外して洗浄したらテープが貼ってあるのに気が付きました。テープには何か書いてあります。


 ん?


 えーーー!!! 僕の名前かいっ!!!


 誰が何の目的で作業したのか。スプロケットカバーを外すようなカスタムなんてした事ないのに。これでカスタムショップやディーラーはお客さんのバイクを預かっている間に、黙って何か作業があるようです。要注意ですね。




2017/07/26

V-ROD フロントエンジンマウント 取り外し

 とうとう外しちゃった。新車購入から7年。まさか自分でエンジンマウントまでメンテナンスするなんて思ってもみませんでした。


 ラジエーターを外したのはエンジンマウントを塗装したかったのとマウントブッシュがどれぐらい劣化しているか知りたかったからです。ゴムブッシュがどうなっているかと言いますと・・・。


 うわぁー、結構ボロボロ。どうしよ。この際に取り替えるべきか。

 パーツ番号は16307-05です。価格を調べてみました。ヒロチー商事に見積依頼したところ11,664円(税込)でした。しかしUS価格はたった29.90USDです。この価格差は一体なんなんだよ。
 Harley-Davidsonの規定でUSの販売店は全て国内販売のみで海外向けの販売はしていません。なにも最安値で手に入れたいのではありません。ただ納得いく適正価格で欲しいだけなのですが、HDパーツはその適正価格で入手する事がはなかなか難しいです。

 その他に気になるのはフロントエンジンマウントがこれならリアエンジンマウントも同じだよねー。ご参考にリアエンジンマウント 16298-05Aは11,664円(税込)で納期は3カ月以上だそうです。とほほ。リアはどうしよ。新たな心配の種が見つかってしまいました。





2017/07/24

AP 2PC ホースリムーバーセット

 ラジエーターホースも取り替えるので、先ほどのお買い物ついでにこれを買いました。


 工具はこんなに安いのにラジエーターホースって結構高いんですよね・・・。


AP 2PC ホースリムーバーセット 460円




AP020591 VACUUM SWITCH SOCKET

 やっとこれを買いました。これを買う=マフラーからO2センサーを外す=マフラーを変えるです。さようなら MACHERIE ワンオフマフラー。短い間でした。


 縦が70mmで長めです。同じアストロプロダクツの他商品より長いです。


 スリットも20mmと深めです。スリットが深くて外れやすくないか不安ですが、他メーカーのO2センサーソケットでもスリットが深いのがあるのでこれで大丈夫かと思います。


 本当はコーケンのこれが欲しかったんですが高くて買えませんでした。


AP バキュームスイッチソケット AP020591  880円




2017/07/23

エイコーンナット

 ホーンを留めるねじ。エイコーンナットって言います。ACORN NUT。どんぐりナット。色々呼び名があります。だからどうしたって感じですが。


 何故こんな外し難いねじを敢えてここで使うんでしょうか? 盗難防止? ユーザーによる取り外し防止? いずれにしてもそんな事する人居ないよねぇ。さらに言えばもっと他に大事なところ一杯あると思いませんか?




錆びのボスキャラ登場

 ラジエーター外していたら発見です。これヤバい。どうしよう。
 フレーム塗装を一部剥がして錆落とし処理して塗装し直さなきゃです。これはかなり強敵な作業となりそうです。



 作業すればする程やらなきゃいけない箇所がどんどん見つかります。もう一体どこまで作業すればいいのか・・・。




2017/07/22

V-ROD クーラント抜き

 日中は暑いので涼しくなった夜に作業しました。

  ラジエータードレンプラグを開けるのに工具を使う方がいらっしゃいますが、工具を使うと傷つくので手で頑張りましょう。www
固着してガチガチにラジエータードレンプラグが固まってましたが、日頃の筋トレのおかげで痛いのは皮だけでした。www 痛みに耐えられればプラグは手で回せます。
 まぁ樹脂カバーが付いた工具を使用するか養生すればラジエータードレンプラグは傷つきませんが。


 後はエア抜きプラグを開けて、


  フロントエンジンクーラントドレンプラグを開けるだけです。





JMP 49mm × 635mm フォークチューブ 7730828

 ボロボロになりながらもドイツから国際郵便で荷物が届きました。


 箱の中身はフォークチューブです。再生を諦めて新品を購入しました。25-1/2inchのフォークチューブならばすぐ手に入りますが、V-ROD用のφ49mm 25inch 635mmフォークチューブは世界中探してもあまり多くは売っていません。


 本当は何とか今使用しているフォークチューブを再生したかったのですが、某有名フォークチューブ加工屋さんが円柱切削加工を拒んだ事とWPC+DLCコーティング業者が点錆びがあるフォークチューブは対応し邸内ので万策尽き果てて新品を購入しました。

 それにしても某有名フォークチューブ加工屋さんは意外と阿漕でした。フォークチューブだけで切削加工とメッキ塗装セットなら39,000/1本。更に自社メッキ塗装とセットならば切削加工するとの事。でも切削加工だけならやらない。費用が高過ぎてパーツが無い旧車レストアしか用途が無いでしょう。これから新品サスペンションセット買った方がずっとマシです。
 更に点錆処理は穴埋め加工せずに錆がなくなるまで円柱切削し切削した厚さ分をメッキ厚塗りするそうです。メッキの厚塗りねぇ・・・。正直うさんくさかったです。更にWPC+DLC加工は硬すぎて割れるからメッキが最適ですとライバル業者の悪口満点でした。


 純正のフォークスライダーキャップと合わせてみました。サイズばっちりで心配なしです。


 後はインナーの樹脂カラーです。構造的にはめ込んであるので外れません。これどうやって外すんだろう・・・。


 近所のバイク屋さんで質問してみましたが、今までこんなところ外した事ないから分からないそうです。そりゃそうだ。


 上から見るとこんな感じです。こりゃ外れないわ・・・。


 カラーを外すのは諦めてカラーを付けていることを明記し、カラーを外してくれるコーティング業者にWPC+DLC加工をお願いする事にします。(やっぱり少し切削しないとかしめてある内部パーツは取れないようです。加工方法はここです。)




最後に購入価格です。いつものように価格調査したところ、ドイツのBike Teile-Serviceが最もお手頃価格でした。

7730828 Standrohr chrom JMP 49mm × 635㎜ (HD49635-02,06) 2本 23,238円(249.82EUR)
送料 5,444円(42.00EUR)
ドイツ付加価値税(19%) 5,909円(46.59EUR)
消費税・地方消費税 1,300円
通関料 200円

小計 36,091円

 うーん、ちょっと高いです。国内の輸入パーツ屋さんで買った方が安かったかもです。



2017/07/17

THUNDERBIKE LEDウインカー イコライザー

 僕が買った製品以外にもイコライザーを作っているところがありました。こっちの方がコスパいいですねぇー。


 噂では高年式のV-RODでは最初からLEDウインカー対応だとか・・・。





2017/07/15

ボルテージレギュレーターとラジエーターカバーの取り外し

 六角レンチ1本で4つのネジを外すだけでパパっと出来ると思ったこの作業。実は意外に手こずりました。だってサービスマニュアルに書いてない箇所があるんですもん。

 ラジエーターサイドカバーの取り外しと、ボルテージレギュレーターの取付ねじを外すのは簡単なのでそれ以降から始めます。

まずはラジエーターカバーの両端にあるねじを左右合わせて4本外します。ねじを外したらこのようにラジエーターカバーを少し広げながら手前にずらすように外します。


 ラジエーターカバーの底面はまだ外れていませんが、こんな感じにカパッとラジエーターカバーが手前に開きました。


 ラジエーターカバーは左右4本のネジだけで取り付けています。ラジエーターカバー底面は凹凸状にはめ込んであるだけなので、そのままラジエーターカバーの下側を持って手前に引くとラジエーターカバーは外れます。


 ボルテージレギュレーターに接続されているコードはラジエーターカバーの裏面から外します。まず配線コネクターのロックを外します。こちらはロックされている状態。


 ロックが外れた状態。ロックが外れれば力を入れずにコードは抜けます。


 ぎゃーーーっ! ラジエーターカバーの中から沢山のゴミがっ! 恐らく走行中に吸い込んだのでしょう。


 ぎゃーーーっ! 今度はボルテージレギュレーターに跳ね石がびっちり詰まってます。跳ね石がぶつかって塗装も剥げてます。こうして何度も跳ね石が当たる所をみるとボルテージレギュレーターに故障しやすい理由が分かります。保護カバー欲しいなぁ。


 ラジエーターカバーの裏面です。ボルテージレギュレーターの取付が補強されているのが分かります。ボルテージレギュレーターの位置が変わった後期型の場合、安易なラジエーターカバーのメッシュ化等のカスタムは避けた方がいいですね。


 ところで、この作業のどこが手こずったのか・・・。それはラジエーターカバー底面の取り外し方です。

 僕は作業前に卓上と現物の目視でいつもリハーサルを2回してから作業に入ります。作業工程を迷わない、部品の取り扱いに余計な力を掛けないのが僕のモットーです。

 いつものようにリハーサルをしたところ、サービスマニュアルにラジエーターカバー底面の外し方が記載されていません。ラジエーターカバーの底面を覗きこむと確かにラジエーター本体のマウントに挟まっています。はて?どうやって外すのか? 色々インターネットで調べましたが誰もそれに言及していません。(だってはめ込んであるだけで簡単に外せるからwww)

 どうやって外すんだろ? 無理矢理外してバキっと割りたくないし・・。かと言ってラジエーターカバーを外すのにラジエーター本体丸ごと外さないといけないなんて構造的に考え難いし・・・。何らかの取り外し方があるはずだ・・・。

 あれこれラジエーターを覗き込んだりインターネットで調べたり散々悩んだ挙句、もうやっちゃえ! と作業を始めたところ、あれ? これってまさかの手前に引くだけなんじゃね? と途中で無事に気が付きました。

 時には計画を立て過ぎずに行動を起こしてみるのも大事だと改めて認識しましたとさ。ははは。