2017/10/22

CERAKOTE Cシリーズ CERAKOTE Cシリーズ アプリケーション ガイド 日本語版

 焼付きを必要としないCシリーズのアプリケーションガイドを翻訳しました。Cシリーズは銃器用とマフラー用があります。今回はマフラー用を翻訳しました。


 完全硬化まで5日もかかるなんて凄いですね。コーティングの世界奥深しです。
 オリジナルはこちらにあるこのPDFファイルです。

CERAKOTE Cシリーズ アプリケーション ガイド 日本語版 Ver.1.0.pdf




2017/10/21

CERAKOTE Vシリーズ アプリケーションガイド 日本語版

 どんどん訳していきましょう。今日は耐熱コーティング製品のVシリーズ用のガイドを翻訳しました。


 これでVシリーズには硬化工程が2段階あるのを理解しました。オリジナルはこちらにあるこのPDFファイルです。

CERAKOTE Vシリーズ アプリケーションガイド 日本語版 Ver.1.0.pdf





2017/10/15

CERAKOTE プロダクトシリーズガイド 日本語版 Ver.1.0

 Cerakote Product Series Guideを翻訳しました。ペライチで分かる製品ガイドなのでセラコートにはどのようなラインアップがあるのか分かります。


 わざわざこんなのまで翻訳する必要ある?と疑問に思いつつも自分の勉強がてらです。オリジナルはこちらにあるこのPDFファイルです。

CERAKOTE プロダクト シリーズ ガイド 日本語版 Ver.1.0.pdf

 これでCERAKOTEは5種類あるって事だけ伝わればと思っています。



2017/10/05

メーカー不明 サンドブラスター 90ℓ キャビネット

 サンドブラストを自宅で出来るように90ℓクラスの卓上キャビネットを購入しました。

 これでレンタルガレージに予約して行く手間が省けると思うとスッキリしますが、キャビネットとしては最小クラスの90ℓ卓上タイプでもあまりに大きいので始める前からやる気が失われてしまいそうです。同時に購入したエアーコンプレッサーの箱と比較してもその大きさが分かります。


 せめて箱だけ大きければなぁと僅かな希望を胸に箱を開けてみましたが、やっぱり大きいものは大きいです。この時点で絶句。これを自宅の何処に保管しようか悩みます。もう止めてくれよ。


 購入にあたりイリイ TR-313SBと比較しましたが、容量56ℓなのに外寸は90ℓタイプとほぼ同寸なのでこちらにしました。本当はイリイ TR-313SBがそれなりに小さければで迷わずイリイを購入していました。あと屋外用コンテナを買ってキャビネット自作も考えましたが計算するとそれほど差額が無いので製品を購入する事にしました。

 また色は白色に拘って探しました。赤色サンドブラスターキャビネットはどこでも販売されており、価格ももっとこなれていますが実は白色は余り見かけません。値段は少し高くなりますが白色の方が絶対に見易いし普段使わないで置いてある時も白色の方が周りと馴染み易いと思います。(自家塗装する気力がありませんでした)


 塗装以外は意外としっかりした作りであるのは安心しました。空気圧がかかるので頑丈な方が良いです。最大圧力125psi、最大メディア量は7.5ℓ、奥行585mm × 幅480mm × 高さ490mmです。


 排気用フィルターです。サイクロン式集塵機を取り付けようとまだ思案中です。


 作業用ライトの蛍光灯です。誤ってサンドブラストを吹きかけてしまうと危険なので追々LEDライトに変えようかな。


 付属品はブラストガンとエアーフィルターとACアダプターと水栓用シールテープです。


 ブラストガンのホースはなんとホームセンターで売っているホースとなんら変わりません。こんなので圧力に耐えられるのか不安ですが取り敢えずこのまま使ってみようと思います。


 付属のノズルは4mm, 5mm, 6mm, 7mmです。こんな大きな口径のノズルは僕のエアーコンプレッサーでは使えないでしょう。


 サンドブラストが当たると塗装が剥がれ易くなるのに傷とか気にしないんですね。どうやら烏龍茶の国で製造したようです。


 困ってしまった事があります。網が上手くキャビネット内に収まりません。完全に片側は浮いてます。雑な作りだなぁ。


&nbspさぁ、どうしようかな。自分で直せるのだけど先程も申し上げた通り何事にも気力がありません。苦笑


 ちなみに英語の取扱説明書にはABRASIVE BLAST CABINET --SBC90 30016-02A_V0と書いてありました。検索すると海外でも沢山販売されているモデルの様子でおよそ100USD前後で販売されています。サンドブラストは英語ではabrasive blastなんですね。

 最後に購入価格です。いつものように価格調査したところ、WALKTOOLS ヤフー店が最もお手頃価格でした。今回は白色キャビネットに拘ったので仕方ないですが送料高いですね。ここからはもう買わない。

メーカー不明 サンドブラスト 90SB ホワイト(k177w)サンドブラスター
13,746円
送料:2,376円

小計 16,122円




2017/10/01

アネスト岩田キャンベル エアーコンプレッサー FX9731

 整備だけでなくこれからは塗装も始めたいと思い、とうとうエアーコンプレッサーを購入しました。


 よりパワーがある藤原産業のSK11 SW-231と比較検討しましたが、最終的には静かさでアネスト岩田キャンベルに決めました。どんなにパワーやタンク容量が大きくても、騒音が大きいと作業になりません。周りには迷惑かけれませんので。サンデーメカニックにはこれが一番重要です。そしてアネスト岩田キャンベルは地元企業ですし。


 今日は箱開けまでで時間切れなので、実際に使った印象や動作音等はまた記事にしたいと思います。


 最後に購入価格です。いつものように価格調査したところ、WHATNOTオンラインショップが最もお手頃価格でした。クーポンとTポイントも使えて助かりました。

アネスト岩田キャンベル ハイパワー AIC コンプレッサ シルフィー FX9731 40,371円(税込)
送料 0円
小計 40,731円




2017/09/30

V-ROD パッセンジャーフットレスト サポート 研削加工

 ダンデムステップをディスクグラインダー1本で加工します。

 てか、こんなの研削加工したいなんて思ってる人、僕以外にまず居ないですよね。自分のカスタムニーズがあまりにもニッチ過ぎて我ながら呆れてきます。


 ちなみにまず最初に「妥協のない物作り」と「手間を惜しまない職人気質」と表されるMACHERIEの雑な加工痕を綺麗にしたかったのがきっかけです。


 加工痕を綺麗にした後、純正パーツ(51723-07と51722-07)は太くて野暮ったいので強度を保てる範囲で全体を細くしていきます。まだまだここからですが60%完成。若干細くなりスッキリしてきました。


 今日は時間切れなのでここまでです。




2017/09/27

CERAKOTE トレーニングマニュアル Hシリーズ/エリートシリーズ 日本語版 Ver.1.0

 個人的な興味本位でCERAKOTEを色々と調べています。最近はネットで色々な失敗例や成功例が簡単に見れる時代になり、メーカーの宣伝文句にもネットの酷評もどちらも鵜呑みにしないで自分の目で確かめてみたい気持ちがあります。

 最近は英語が堪能な人も珍しくなくなりウェブ翻訳でも精度が上がりましたので、以前ほど日本語版を必要としなくなりましたが、セラコートの勉強がてらにトレーニングマニュアルを翻訳してみました。


 しょぼい英語力で恥ずかしい限りですが折角なので誰かの参考になればと思い公開します。もちろん非公式ですので取扱いは個人の範囲どうぞ。

CERAKOTE セラコート トレーニングマニュアル Hシリーズ エリートシリーズ 日本語版 Ver.1.0.pdf

 てか、こんなのを個人で必要としている人いるのかな。あははは。




2017/09/21

Signet S Shape Ratcheting Wrench/mm 買い替え

 1桁台と10番台を買い替えました。工具箱の中が一気にピカピカになったし、これでM12(=19mm)迄は対応出来るので殆ど事足ります。


 でもあともうちょっと。24番までスイベルが欲しいです。でも急いで買い足す必要もないかなと。24番以降は大きなトルクを掛ける事が多くなるから、スイベルするよりも固定の方がいいし、 がっちり回したいからラチェットしないでいいから一般タイプにしようかなと思います。元々正確なトルクを掛ける時に最後に使うのはトルクレンチだし。

 ちなみにV-RODで使っているミリは、殆どがM4からM12迄です。つまり7mmから19mmまで有れば大体の整備は出来ます。

 それ以上はM14(=22mm)が1つ、一気に飛んでM20(=30mm)が1つ、M24(=36mm)が1つ、1-3/8インチ(≒35mm)が2つしかありません。M14はオルタネーターの1035M、M20はスイングアームのナット7480Mで、M24はリアアクスルシャフトのナット、1-3/8インチ(≒35mm)はフロントフォークです。使用頻度は少ないので買い替えを急がなくても大丈夫です。

 最後に購入価格です。いつものように価格調査したところ、KanamonoYaSan KYS 楽天市場店が最もお手頃価格でした。
シグネット 34708 8MM スイベルギアレンチ  1,842円(税込)
シグネット 34709 9MM スイベルギアレンチ  1,842円(税込)
シグネット 34710 10MM スイベルギアレンチ  1,842円(税込)
シグネット 34711 11MM スイベルギアレンチ  1,984円(税込)
シグネット 34712 12MM スイベルギアレンチ  2,055円(税込)
シグネット 34715 15MM スイベルギアレンチ  2,968円(税込)
シグネット SIGNET 19mm スイベルギアレンチ 34719  2,968円(税込)
値引き  282円

小計 14,660円




2017/09/18

マフラーをYahoo! オークションで販売

 Yahoo! オークションでMACHERIE ワンオフマフラーを売りました。今日でワンオフマフラーとお別れです。一旦はGARAGE TOTALで直して使おうと思いかけましたが、僕にはこれ以上このマフラーに投資する気力も情熱も愛着も全てが失せたのでTHE ENDでした。短い間だけどありがとう&さようなら。


 開始価格30,000円からスタートし、大変有り難い事に沢山の入札があったおかげで落札価格は40,500円でした。この値段で落札した方はマフラーを色々直せるので本当にラッキーだと思います。

 しかし20万円がたった4万。無駄な買い物をしてしまったと後悔しています。二度とワンオフマフラーはやりたくないです。我ながら本当に大きな反省です。




2017/09/15

Frieght forwarder from us to japan

 小さな配送業者のクソ対応にめげてても先に進まないので、ふとgoogle先生に国外配送していない海外ショップの商品を日本へ配送してくれるサービスはありませんか?と聞いてみた所、沢山業者を紹介してくれました。さすがのgoogle先生。www

 google先生が紹介してくれたからshopUSAはお値段そこそこだし使い勝手が良さそうです。
 ここに登録するとバージニア州にあるこの会社のコンテナ倉庫に専用私書箱を割り当ててくれます。後は自分で何か買ったら配送先をここへ指定するだけで自動的に日本まで運んでくれます。なんて便利なんだ。ここなら荷物を1つだけ利用するもよし、複数のネット通販から荷物を纏めて利用するもよしです。


 今回は目安の料金として今回注文しようとしている商品のサイズを例にしています。(17inch x20inch x24inch 30pounds)


 ご参考ですが、アメリカから日本への単一荷物の配達料は、アメリカ郵便局の200.82USDが最安値で、宅配業者最安値はUSヤマト運輸の330USDです。こうして比較するとかなり割安になりますね。

 更にborderlinxなら住所をイギリス、香港、ドイツ、アメリカの4つに割り当ててくれるのでより便利です。


 最近はこうした良いサービスがあるんですね。便利になりましたね。もうebayに頼らなくてもいいんです。

 もう25年前の話ですが、某モータースポーツ部に属していた僕のパーツ購入先はもっぱらイギリスのDemon Tweeksでした。当時はインターネット黎明期なのでネット通販なんてまだ普及しておらず、わざわざイギリスからカタログ本クを郵送で取り寄せ、仲間内でたった1冊のカタログを穴のあくほど眺めて商品を決め、郵送費を抑える為に仲間数人で注文を纏めて配送していました。注文はもちろんFAXしかなかったので送信する時のドキドキが懐かしいです。当時は珍しかった僕のsparcoのフルバケットシートは今頃どうなったのかなぁ。




2017/09/13

V-ROD スプロケットに傷あり

 タンデムステップを外している際に、ある事に気が付いてしまいました。あまりにも衝撃的で二度見、三度見、四度見、いやもっと凝視したのではないでしょうか。


 うわぁぁぁぁぁぁぁ、信じられない。リアサスペンションを留めるスクリューが突き抜けてスプロケットに当たってガリガリに傷付けています。
 このOHLINS Type S36DR1Lを取り付けたのは潰れて今は亡きイーグルスターです。またここの仕事かぁ。あれほど元々カラーが合わないから取付時にカラーを作って調整してねってお願いしたのに。まさかあの時からずっと傷が付き始めているのか。


 上から覗き込んでみました。ガッツリとスクリューが当たってます。
 何故今まで気が付かなかったんだろう。もちろん発見出来なかった僕が一番悪いんですが僕だけでなく色んなショップに預けていたので色々な人が乗ったり見る機会があったのにそれでも見落としたのかぁ。


 横から覗き込んでみると尚更ガッツリと当たっているのが分かります。ミーガンちゃん痛かっただろうに。本当にごめんね。必ず直すから。


 これで事実上今までやったカスタム全部ダメで、全部自分でやり直し作業することになります。我ながら驚いてます。

P.S. 何故かこの記事は僕のブログの中では公開初日で最多閲覧数記録更新した程の大人気投稿になってます。映画なら興行成績トップですよ! 全米が泣いたwww まぁ他人の不幸は蜜の味ってか。www



2017/09/12

f***ing freight forworder

 日本向け仲介業者がいざオーダーって段階になってからドタキャンしてきました。これでこの業者とのトラブルは2回目です。

 1回目のトラブルは注文リストを出したら利益が少ないし面倒だからやっぱりやりたくない。2回目のトラブルもメーカー指定のた商流は面倒だからやっぱりやりたくない。2回共こっちは忙しいのに雑多な仕事やってやるよ的な上から目線です。今回も予め引き受けるか否かを確認し、メーカーがquoteからbilling accountまで全部手配済みでさぁ支払いと言う段階でこのトラブルです。


 オイルまみれで雷みたいに速いバイク屋さん。貴方はホントに酷いですね。嫌なら最初からやるって言わなきゃいいんじゃあないの? やるって言ったから進めたんでしょ? 貴方のせいでどれだけ取引先に迷惑かけるか分かってんの?

 そっちで商品情報取り寄せ、問合せ、注文や配送まで全部コーディネートさせて手間を掛けさせてるならまだ話は分かるけどさ。こっちで全部コーディネートしてるだろ。そっちにお願いしているのは配送だけだろ。その配送すら誤配送したくせに。誤配送で返送する荷物もわざわざ届けてやったのに。こんな酷いヤツなら荷物も取りに来させればよかった。

 オーダーする前から毎度ネガディブな小言を聞かされるなら二度と頼まねーよ。




2017/09/10

VRSC Fender Base Plate 51220-07 切削加工

 V-RODのフェンダーベースプレートはシーシーバーやバックレストを取り付けるには必須ですが、キャリアサポートと兼用なのでキャリア取付部分が尻尾のように出っ張ったデザインになっています。タンデムはするけどキャリアは取付けない人とって余計なパーツ部分です。特に折角のGTラインペイントを隠してしまい余計に邪魔で仕方がありません。


 幾度かBAD LANDでフェンダーベースプレートのキャリアサポート部分だけを切り落として欲しいとお願いしましたが、鉄鋳物は切断するとボロボロと崩れてしまい、最後はフェンダーベースプレートが割れてしまうので加工不可と何度も断られていました。当時の工場長だけではなくオーナーにも同じお願いをしましたが断る理由と答えでした。(切削加工が駄目ならワンオフでフェンダーベースプレート作ってとお願いしたらそれも断られました。)

 でもこのフェンダーベースプレートって磁石がくっ付かないんですよね。本当に鉄なの? 本当にボロボロと崩れるの? 段々本当の事を確かめてみたくなりました。


 フェンダーベースプレートの背面を見るとリアフェンダーとの擦れ防止にスポンジが貼ってあります。このスポンジをよーく見るとキャリアサポート部分辺りが肉抜きされているっぽいです。これは切り落とすには好都合です。


 スポンジを剥がしてみると予想通りキャリアサポート部分付近だけ肉抜きされています。ここはフェンダーベースプレートが薄くなっているので切り落とすには好都合です。ここまで確かめたらもう自分でやるしかない。


 高速切断機を使ったら所要時間5分も掛からずに拍子抜けする程あっさり何事もなく切れました。当たり前と言ったら当たり前ですけど・・・。


 あとは自然で違和感が無い曲線になるようにディスクグラインダーで丁寧に研磨して出来上がりです。ここまでとても簡単でした。


 こんなに簡単な事だったのに、頑なまでに断わり続けたBAD LANDは一体何故だったのでしょうか。




MACHERIE V-ROD ワンオフマフラー取り外し

 最近涼しくなり週末は整備したいなぁと思った時に限って週末にまた真夏日が戻って来るものですよね。今日はちょっとの作業で汗だくです。


 マフラーを支えるステーはタンデムステップで1点留めだけだったので、O2センサーを外せば簡単にマフラーは外せました。不満だったステーが足りない点が今日はメリットになりました。


 取り外したマフラーです。取り外し分解してよく確かめると色々な箇所がボロくて絶句です。以前デコボコの高田氏がこう仰ってました。遠目から見るとカッコいいけど近づくと・・・ほどカッコ悪いバイクだと。残念ながらその典型例は正にこれだと思います・・・。


 熱によるこの塗装ムラと塗料の退色・変色具合をよく見て下さい。塗装は5,000kmも乗ってないのにここ迄ボロボロになります。


 この塗装はWAKO'S HR-B 耐熱塗料です。所詮缶スプレーです。そりゃあボロボロになりますよね。それにしてもワンオフマフラーに20万円掛けてコーティングは缶スプレーとは。呆れたと通り越して僕もナメられたもんだと思います。


 マフラーがステップに当たってる部分です。マフラーが他のどこかとぶつかっているなんて有り得ないと思うんですけどねぇ・・・。これを発見した瞬間にこのワンオフマフラーはなるべく早い段階で止めようと思いました。


 上側と下側のマフラーを連結部分です。連結用ステーが右に向かって傾いている上に2本のステー自体の長さも違いませんか? 恐らくこれも突貫工事の行き当たりばったり出たとこ勝負のワークなんでしょう。恐らく採寸や設計は先に作図もぜずにいきなり現物合わせの行き当たりで作っているのでしょう。


 パイプ口径が首下から何故か太くなる。これはBAD LANDMACHERIE系のワンオフマフラーあるあるです。途中から口径を1、2mm大きくする作り手の意図が分かりません。


 2in1の繋ぎパイプ加工がいい加減なので、双方のパイプ口径が全然合ってません。エキゾースト側の開口部の口径が小さい理由は何故でしょうか。意図的に排気を絞る? そんな訳ないですよね。単に面合わせが面倒だったのだと確信しています。


 こちらは上側。もちろんこちら側も口径は合ってません。本当に雑な加工です。


 サイレンサーを開けてバッフルを取り出してみたところ、とても簡素な市販のストレートタイプのサイレンサーが入ってました。いやぁ~、驚いた。制作前は大人なサウンドにする為に多段膨張式サイレンサーをワンオフで作ると聞いていたのに。作る前の話はデカイけど出来上がりはしょぼいです。


 サイレンサーについて少し掘り下げます。僕は箱根がホームコースでワインディング中心の走りにトップスピードやピークパワーは求めていません。音量も控え目が好みです。サイレンサーにはストレートタイプと多段膨張式タイプがあり、それぞれの構造や特長等は他に任せて説明を省きますが、多段膨張式タイプは消音効果も高くトルクも出し易いと思ったので、ショップもそれを勧めたし僕も同意したと記憶してました。それなのに何故断わりもなくストレートタイプに変更したのか。更にサイレンサーに消音材が巻かれていません。そりゃあ音量が大きめになりますよね。
 このバイクを購入した時からずっとお付き合いしているし、カスタムも全てワインディングを楽しく走るコンセプトで作っているので僕の好みを知らなかったとは言わせません。恐らく突貫工事で急いでいたので多段膨張式タイプのサイレンサーを作る猶予が無かったのだと思います。

 率直に申し上げますがお客さんと相談・同意していた事項を断わりもなく変更して納品するのは普通なら契約違反で弁償モノです。黙っていればバレなければ何でもアリと安易な考えは金輪際止めて欲しいです。

 マフラー口金の加工処理です。面取りも曲げ加工も純正より雑です。


 実は純正マフラーの口金は作業性を考慮してちゃんと丸めてあります。こんな所にも雑な仕事が目立ちます。


 エンブレムだけは立派ですね。


 最後にエキゾーストシールドがボロボロです。熱で焼けてボロボロなったと言うよりも、ショップでマフラー取り外し・取付けの際にこじってしまったのでしょうか。純正パーツ番号は64971-09です。この際新しいのに取り替えたいと思います。


 このマフラーには単に車検対策だけではなく、排気漏れ、熱すぎる、汚い塗装、うるさい音量、シャーシダイナモ測定で純正マフラーより劣る性能とがっかりする事ばかりでした。これで製作日数219日(7ヶ月以上入庫したままですよ!)、価格20万円です。本当にひどい買い物になりました。この出来の為にこれだけの長期間と大きな金額を投資していたらキリがありません。

 ここを読むとホント笑わせてくれます。

「手間を惜しまない職人気質な同店」
「妥協の無い物作りで支持を集めている」
「流れるようなメタルワーク」

 どこがだよ。笑わせるなと。

 これを読んだワンオフカスタムを考えているライダー、そしてカスタムバイクビルダーの皆さんにはもう少し考えてみて欲しいです。カスタム業界はホントにぼったくりや手抜き工事ばっかり。これでバイク業界を盛り上げていこう、うちはこだわりの店だなんてちゃんちゃら可笑しいです。金は欲しいが仕事は手抜きばかりで呆れます。